ポンコツおっさんの手記

音楽、映画、社会、日常なんかを自分のペースで書いていけたらと思います。飽き性な性格なので継続できる様に頑張ります。

人間関係リセット症候群の自分へ

こんちは、ブタバナです。

突然ですが、自分はつくづく変人だなぁと思う。

人は誰しもが人とは変わった部分がどこかしらあるとかいうけど

自分はそれより頭一つ抜きん出て変人だと思う。

 

みんながオリンピックやW杯に熱狂している時も私は普段と変わらず生活している。

スポーツは好きだけどスポーツ観戦というのが苦手だ、退屈でとてもじゃないけど

集中力が持たない。

 

ヘアスタイルとか身嗜みにはすごい未頓着なくせに、服や靴、小物などは好きですごく執着する。その結果めっちゃオシャレしてるつもりだけどガッツリ鼻毛が出てたり、チャック全開という事が起きる。

 

小学校から高校まで、宿題というものは片手で数えるほどしかやった事がないし

高校受験や進学なども何となく他人事だった。

 

学生時代は一番働きたくないと思う人種のはずだったのに、20歳〜30歳までひたすら仕事ばかりをしていた、多分時間でいったら20年分近く働いた。

 

人間関係についても変な癖があって

それは人生の節目節目で人間関係をリセットしてしまうという事だ。

小学校卒業、中学校卒業、高校卒業、専門学校卒業、転職

その時にどんなに仲が良かった人でも人間関係を絶ってしまうという事。

 

多くの人は、この衝動は到底理解できないと思う。

自分でもわかっている、

別に私もその人たちが嫌いになったわけではないのだが…

 

ただなぜか定期的に連絡を取り合おうとも思わないし

合わなくなって一定の期間が経つとどんな顔をして会えばいいのだろう、何の話をすればいいのだろうとか考えてしまう。

たまに連絡が掛かってくると本当にひどい話だが電話に出ない事さえある。

 

何だか、以前のその人との接し方がわからず、すごく赤の他人と喋っているような気持ちになる。

今思えば、保育園児だった時からそうだったなぁと思う。

週末に保育園でめちゃくちゃ友達とはしゃいで土日挟んでからの週明けの月曜日になると自分はめちゃくちゃよそよそしく通園しているのだ。

 

今思うとスゲー嫌な子供だ!笑

 

こんな奴は日本中どこ探しても俺だけなんだろうと思っていたが

ネットで探してみると案外そういうタイプの人間が一定数いるようだった。

そしてネットでは人間関係リセット症候群とか言われているらしい

 

学生時代はそれで悩んでいたりした時期もあったけど

30歳にもなると正直どうでも良くなる、というかもちろん人間関係は大事だと思うのだが、あえて無理して人間関係を続ける必要もないかと思う。

 

人は変わるそれは自分も他人も含めて至極自然な事だ

価値観や考え方にお互いすれ違いが出来てきたのかも知れない。

 

ひょっとしたら今までそれが自分にとって負担やストレスになり人間関係を絶つという選択をしていたのかも知れないが真偽はわからない。

 

ただ時々思うのは

特別に交友関係も広い方じゃないし、節目節目で人間関係リセットしてしまうものだから下手したら私の葬式には誰も来ないかもしれない。

客観的に見たら寂しい話だけれど仕方がない。

 

人生に置いて人との繋がりがどれだけの価値あるものなのかは

わかっているつもりだけどそれを自分が持続する事ができないのだから。

 

ただ自分や自分と似た悩みを持っている人に行ってあげれるのは

無理に世の中の価値観に合わせる必要はない

将来がどうなるかなんてわからないけど

その時々の周囲の人たちを大事にして

もし自分に家族ができたら精一杯愛してあげる事。

 

私はそれで十分だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確定拠出年金のススメ

こんにちは、ブタバナです。

今回は確定拠出年金についてのお話。

ご存知の方も多いかと思いますが、確定拠出年金とは国民年金、厚生年金に次ぐ

第三の日本の年金制度。

iDeCo(個人型年金)や401kという言われ方をしたりもするアレです。

 

この確定拠出年金についてだが、日本の年金制度がすでに破綻しており

全く当てにならない現状で将来の老後資金が不安な若者たちへの救済措置のようなものだ。

 

早い話が「国民一人一人の面倒を見切れないので自分の老後は自分で資金を用意しておけよ」と国が言っているという事。

 

本当に国もいい加減だなぁと思いつつ…

当事者としては、これがまた中々いい制度というか

自分にあっていればみんな入った方がいいくらいメリットの多い制度だ。

 

確定拠出年金には3つ運用方法があり定期預金、保険商品、投資信託とあるが

ぶっちゃけ定期預金、保険商品はやるメリットがないので

確定拠出年金をやる場合は投資信託の一択だ。

そしてその具体的なメリットと言うのが以下の通り。

 

メリット:

・税制優遇制度(所得控除、非課税、公的年金等控除、退職年金控除)

・自分の資産になる

・運用指図が出来る

・掛金の変更・停止することが出来る(個人型に限る)

・60歳から受け取り可能

・安い運用手数料の商品が買える

社会保険料が軽減される

 

上記のメリットを詳しく説明した動画チャンネルがあるので紹介します。

チャンネル名と代表の雰囲気が若干胡散臭いくてアレだけど

すごくいいチャンネルなので私は登録している。↓

知っている人はスルーしてください。

 


投資家の視点から見た確定拠出年金7つのメリット【確P#003】

 

 

 

厚生年金の様に将来ちゃんと貰えるかわからない年金を国に預けるのではなく

自分の資産は自分で持って運用するべきだという話。

 

もちろん確定拠出年金は資産運用の一つの選択肢でしかないので

自分にあっているかをしっかり判断した上で加入するかを判断していいと思う。

 

確定拠出年金については入るべきではないと言う人も少なからずいる

60歳まで引き出しができないだとか、素人が投資信託で運用するのは難しいだとか言っている。

ただその考えはそもそもが間違っていると思う。

前述した通り、確定拠出年金は資産運用の一つの選択肢でしかない

 

動画内でも言っていたが老後の積立をするための運用なので引き出す必要性は全くないし、それがデメリットであるならばNISAなどで運用すればいい、

投資信託がわからないのであれば勉強すればいいだけの話だ。

しかし、確定拠出年金のメリットを理解できない人たちはNISAも他の運用方法もリスクを恐れて何もしないだろうし、そもそも資産運用の勉強なんてしない。

 

確定拠出年金はただ何と無くお得らしいから入ろうと言うものではなく

自分の意思で資産運用をしたいと思うものが入って初めて大きなメリットが生まれるものだ。

 

もちろん投資信託で資産運用して絶対に増える保証はないしリスクはあるだろう

でもそれは銀行の定期預金も同じで、銀行が破綻するリスクがあるし

その場合間違っても資産は増えない。

 

と言うか投資の基本は分散でなのだから、確定拠出年金一辺倒でやろうと言う話ではない。

あくまで選択肢の一つとして自分に合っていればやるメリットは大きいし

自分に合っていなければ別の投資をすればいい。

確定拠出年金がどういうものか知っているか・知っていないかと言う事に大きな意味があるのだと思う。

 

 

 

とここまで確定拠出年金について熱く語りましたが…

今回、私は確定拠出年金を脱退する事にしました…

 

なんかすみません。笑…

 

元々勤めていた会社が企業型に加入していたのだがその会社を退職する事になり

個人型への切り替えという選択もあったのだけど

現在の収入が非常に不安定なため、微々たるお金でも貴重なので

脱退一時金として受け取るという選択に至ります。

 

その代わりと言ってはなんだけど、収入が安定したらNISAを始めようと思っている。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログが書けない。

こんにちは、ブタバナです。

 

今年も後半月で終わりですね。

20歳過ぎたら、1年が秒で過ぎ去って行きます…

 

今回はなんじゃ無いんですが

最近ブログが書けず困っています。

というか書きたいことは色々あるんですけど文書がまとまらず

なかなか筆が進まないと言うのが正しいかと思います。

 

もともと子供の時から、

文書を書くのは得意ではなかったですね。

作文とかの時はだいだい教室に最後の1人になるまで残っていた記憶しかないです。

先に作文を書き終わったみんなが校庭に遊びに行くのを羨ましく見ていたなぁ…

 

とにかく言葉で表現するのが苦手でした、その反動なのかわかりませんが絵を描いたり工作したりするのは大好きだったし周りの子より得意だったな

自分の言葉というのは本当に難しいなと思います。

好きな音楽だったり、映画だったり

色々あるのに、いざ紹介しようと思って言葉にしようとすると

自分の伝えたい事がなんなのか自分自信

わけがわからなくなります。

 

ブログはそんな自分にとってのリハビリというか言葉の訓練所みたいなところだなと思ってます。

 

皆さんが書いたブログも拝見させていただきいつも勉強させていただいております。

 

マジ感謝。

 

そんなブログについてイケハヤパイセンがはオワコンと以前言っていたけど

確かにそうかもしれない

ただSNSや動画などとはまた違った文化的なブログというコンテンツが自分は

好きだ。

 

オワコンというよりはコンテンツの多様化と情報のインスタント性がブログよりも高いんだと思います。

 

あの人は訳の分からないことも言ってるけど内容自体は的を射ている事も多い、

言葉が乱暴なのですぐ炎上するけど。

 

そんな事を考えながら

眠れないから自宅の窓越しにふたご座流星群を見てみたり

、パソコンやスマホいじったりして今もまた取り止めのないブログをつらつらと書いてます。

 

まぁ、何はともあれ今年も書けないなりにもう少しだけ頑張りますのでよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

酒は良くて、タバコはダメな話

こんちは、ブタバナです。

最初に言っておくとこれは、くだらない私のぼやきみたいモノですので…

言葉足らずで誤解を与えてしまっていたらごめんなさい。

 

f:id:BUTABANASAN:20181204135807j:plain

 

私は下戸(お酒が飲めない)で、喫煙者だ。

マナーの悪い喫煙者が非喫煙者にご迷惑お掛けしており、ごめんなさい。

タバコは百害あって一利なしと言う事は分かっているのでいい加減やめたいのだが

中々やめれない。

お酒はほとんど飲めないので、飲めない事によっての自由・不自由はもちろんあるが

 それはそれで良い事なのかなと思う。

 

さて、今日はこの酒とタバコについて話したいと思う

なんとなくだけど『酒は良くて、タバコはダメ』みたいな風潮が最近というか

ここ数年あるような気がする…

 

私の気のせいだろうか?

厳密にいうとタバコの害について取り上げられる機会の方が、酒に対して

圧倒的に多いというイメージだ。

 

この酒とタバコだけど嗜好品として、兄弟関係のようなものだ

どちらも健康という観点から行ってもおすすめできる物ではない。

 

「酒は少しであれば健康に良い」という者もいるだろう

しかし少量とはどの位だろうか? 

調べるとそれは1日に女性であれば1杯、男性であれば2杯以下らしい…

しかし、そもそも飲み会で2杯以下で終われるだろうか?

無理な話だと思う。

 

ちなみに少量の酒が健康に良いと言われいるのは動脈硬化のリスクを抑えるという効果が期待出来る事らしいが、その他の健康被害(糖尿病、高脂質異常、高血圧、がん など)の方が遥かに大きいとの研究結果がある。

酒は飲まないのですむのであればそれが一番良いのだ。

 

 にも関わらず酒は比較的に肯定されて、タバコは批判される対象になっている気がする

何故だろうか?社会的な側面から来るのだろうか?

 

タバコはポイ捨て、歩きタバコ、ニオイ、副流煙による周囲の健康被害などが社会的モラルとして批判されたり嫌われている理由だろう、

確かにおっしゃる通り!何一つ言い返す言葉もない。

ここ数年で分煙が推進されてかなり喫煙者のマナーも改善されてはいるけど

少なからずそう行ったモラルの無い人種はいると思う。

 

一方酒はどうだろうか?

飲酒運転、飲み会などでの飲酒の強要、馬鹿でかい声で騒ぐ者、暴れ出す者、路上で寝る者などがあるだろう

こちらも飲酒者の中のごく少数の人だろうと思われるが

こういった言動はモラルというより事件・事故に繋がるケースが多いし人が死ぬ事だってある。

飲酒運転による交通事故、急性アルコール中毒アルコール依存症

DV、児童虐待、婦女暴行などだ。

 

家庭内、社会的な側面から見ても飲酒の方が明らかに害が大きいだろう。

 

それは単純に飲酒者と喫煙者の人口数だと思う。

現在は喫煙者1419万人(全国たばこ喫煙率調査 2017年)で

それに対して日本での飲酒者は8424万人厚生労働省2013年 調査結果)らしい。

これは1年に1度でもお酒を飲んだ者も含まれるらしいので

実際、日常的に飲んでいる人はまだ少ないと思われるがそれでも喫煙者より

かなり多いだろうと思う。

薄々わかってはいた事だけれど、 早い話が喫煙者が飲酒者に比べて少数派だったということなのだ。

いつの時代も少数派は多数派によって淘汰される、ただそれだけの事なんだなと思った。

酒とタバコに対してどっちが健康面や社会的に悪いかという話をしても

団栗の背比べにしかならないだろう

 

私は別に酒は飲めないが、酒が嫌いなわけでもなければ悪いとも思わない、

タバコにしてももちろんやめたいと思っているが、別にタバコが嫌いなわけではない

嫌いなのはマナーの悪い人間なのだ。

事実を理解した上で、節度を持って楽しんでもらう分には構わないと思う。

 

ただそうは言っても結局酒にもタバコにも本当にワーワー言っているのは

酒もタバコもやらない人なのだろうなぁ…勿論そう言った人の意見も無視できない

 

将来そう言った酒もタバコもやらない人たちが増えていき多数派となるかもしれない

その時はどちらも禁止もしくは厳しい規制がかけられるような時代が来るだろう。

 

その時代の人たちが望んでいる事なので

その時は、時代の流れを受け入れるしかないなぁ…

 

 

 

退職して食っていくために、MacBookProを購入する。

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」それはMacBookPro。

今年の5月に会社を辞めて真っ先に購入したのがMacBookProです。

スペックは以下の通り。

f:id:BUTABANASAN:20181203180607j:plain

 

MacBookPro 13インチ(スペースグレイ)

CPU:Core i5(2.3GHzデュアルコア

メモリ:16GB

SSD:512GB

 

自分はもうサラリーマンは無理だと思いパソコン一台だけで、

仕事をするために購入を決意した。

 

最初はsurfaceのlaptop or Proを購入を考えてましたが

考えて見れば一度もMacを所有したことがなく特別こだわりがあった訳ではなかったのでこの機会に一度自分で購入してMacが何故賞賛されているのかを身を以て体感してみようという単純な理由だった。

 

いや〜、それにしても結構いい値段したなぁ…最低限のアクセサリーとAppleCareなどを含めて24万くらいした…(^_^;)

まぁ、surfaceを選んでいたとしても、同スペックで同じくらいかそれ以上するので

妥当な金額だろうと自分を納得させた。

 

以前、会社用のPCがsurface laptopだったので丁度いい比較ができた。

もちろん、surfacesurfaceでいいところもあり結局使い方によるんだろうけど

それでもWindowsマシーンと明らかに違うところがあり

私がMacBookProを気に入っているところがある

それは、トラックパッドの性能とバッテリーの持ちだ

 

正直、surfaceにもトラックパッドはついてるし、Windowsマシーンをを使っている時はそれほど意識する事は無かったん、というかWindowsを使っている時は基本マウスを使っていてトラックパッドをメイン操作で使う事はなかった。

MacBook Proを使ってわかったのはCADソフトや編集ソフトを使う以外の事は

大概、トラックパッドでまかなえる。

それくらい、操作が容易になったという事だ。

 

そして、次にバッテリーの持ちについてだけど

私が過去使用していたWindowsマシンとMacBookProではバッテリーの持ちが全然違うなと感じた。

実際に計測している訳ではないけど、体感では1.5倍から2倍近く違うと感じた。

ただ現在はWindowsマシンにもバッテリーの持ちが良いものもたくさん出てきてるので

その辺はご自身で比較してみたほうが良いかもしれない。

 

他にも、Apple Watchを腕に付けて置けば1秒でロックを解除出来る事などの

Apple製品との親和性も非常に便利な部分だと思います。

 

何れにしても、laptopとしての本来あるべき性能がしっかり搭載された

ホームコンピューターだなとの印象です。

 

これからITの分野で事業を起こしていこうと思っているので

当分、私の相棒として付き合っていきたいと思う

もちろん、今年から書き始めた当ブログもこのMacBook Proを購入する事によって

始めることができたので、『今年買ってよかったもの』だ思う。

 

 

 

 

 

読書の秋「城の崎にて」

 

今週のお題「読書の秋」という事でお話したい

だが、ぶっちゃけ読書は苦手だ。

 

1冊か2冊読めば良い方で、本当に自分でも嫌になるくらい苦手だ。

小学生の頃、公文で国語やっていたのに読書はダメだ。

 

理由はまとまった時間が必要なのと、ぎゅっとしたら20ページ〜30ページ位にまとめられるのにだらだらと筋道からずれた事を書き綴るようなものが多いから、

集中力が散漫な私は途中で「もうイヤ!」となる。

 

 

でも読書家には憧れているめんどくさいやつです、読書家の方どうもすみません…

そんな私でも、比較的読みやすい名著と言われている作品は頑張っていくつか読んでいる。

太宰治ヘミングウェイゲーテ村上春樹マイケル・サンデルなどなど

ビジネス本なんかも時々読んだりする。

 

しかししかし、

今回はまとまった時間も集中力もほとんど必要せずサックリと読めてしまう短編を紹介させてもらいたい。

 

 

 

それが  志賀直哉 作「城の崎にて」 

 

正直私が紹介するのもおこがましいくらい有名な作品だが

高校生の頃、現文の教科書に載っていて

その時から私の心にずっと残っている作品だ

社会人になってから改めて文庫本を買い直して読んだ作品。

 

志賀直哉の作品は簡潔で明快な文章で非常に読みやすく、

小説の神様』と呼ばれていた文学界の大御所にも関わらず

夏目漱石太宰治芥川龍之介などの文豪に比べたら知名度ももう一つというところが

非常に残念で仕方がない。

 

 

f:id:BUTABANASAN:20181121005246j:plain

 

『城の崎にて』ざっくりとした話

志賀直哉が電車にはねられて怪我をし城崎温泉で療養をすることになるのだが

滞在中にボケーとしながら色々と考えることになる。

蜂の死骸、首に串が刺さったネズミの死に際、自分が投げた石が当たって死んだイモリ

など死について城崎で経験することによって色んな感情が芽生え改めて死について考えるのであった。

 

生と死というのは両極端なものではなく、ひらひらと落ちる落ち葉の裏と表のように

移ろいやすく地面に着く時にはどちらの面かはわからないもののようなものなのだなと思う。

 

死を意識することで、初めて本当に生きているを感じることができるのだ

特に現代の日本では中々日常的に死を感じることができないように思う

医療が発達して人の寿命も延びたし、戦争を体験している人は今となっては

ほとんどいない。

生きた動物をさばいて食べたりすることも中々ないだろう

 

志賀直哉が生きていた時代とでは生き方も変わってしまっているので

それはそれでしょうがないことなのだと思うが

時々、死について考えることが現代を生きる上で重要であり

命を大事にする事に繋がるのだと思う。

 

 

小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)

小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

財布が嫌いなので、『bellroy / ベルロイ』の財布が欲しい話。

f:id:BUTABANASAN:20181117181601g:plain

 

突然ですが、私は財布が嫌いだ。

なぜなら、出かける時のアイツの存在感ったらない。

ズボンのポケットに入れるにしても、お尻のポッコリ感が否めないし

 ジャケットの内ポケットに入れるにしてもそこにいるという存在感がある。

財布を持ち歩くために、小さなショルダーバック的なやつを持ち歩くのもなんか違う…

 

理想はアップルウォッチかスマホ電子マネーで決済を全て出来ればいいのだけれど

現状の日本はそうはなっていない。

電子マネーが使えるところはまだまだ少ないと感じる。

中国やアメリカ、スウェーデンなどのキャッシュレスが進んでいる国からの

観光客は「日本では現金でないと決済ができないところが多い」という点が

結構不便だと感じているみたいだ。

 

日本…なんでやぁ…うーん。

まぁーその話はまた今度するとして。

 

そんなこんなで今使っている存在感ありありの財布はかれこれ7〜8年位使っている。

世の中の常識的考えると長く使いすぎなのだろうけど…

電子マネーが完全メインの決済方法にできない以上、薄い財布を変えるしかないという結論に至る。

そして、前から気になっていたブランドの財布が今モーレツに欲しくなっているので紹介させて欲しい。

 

それが『bellroy / ベルロイ』だ。

 


Bellroy Note Sleeve

 

薄い!それでいて機能的で無駄なくスッキリしたデザイン、そしてそこはかとなく上質なレザーが特徴だ。

 

それもそのはず『bellroy / ベルロイ』はオーストラリア メルボルンで生まれたレザーブランドで、世の中の財布を薄くスマートにする事を理念に掲げているのだ。

 

上記の「Note Sleeve」というモデルはこのブランドのベーシックモデルである

一応コインケースはついているが

メインでコインを入れるという感じではなく

お札で支払いをした後のお釣りの一時保管場所と言った感じだ。

基本的には電子マネーで決済して念のためお札を少しだけ持って置くというライフスタイルの人にピッタリなモデルだと思う。

 

ちなみにこのモデルはRFID版というものがありクレジットカードの個人情報を盗み取る

スキミング防止の対策がなされている。

日本ではまだ被害は少ないようだが、近い未来キャッシュレスが進んでいくと

こういった機能もしっかり備えておきたい。

 

そのほかにも色々なラインナップがあるが、どのモデルも人が持ち歩く事を考えた携帯性を重視しながらしっかり機能的ものばかりだ。

財布以外にも、キーケース、PCアクセサリーケース、iPhoneケース、バックなども展開している。

もし、今の財布に私と同じ不満を持っているのならば一度検討しても良いかもしれません。

この財布とスマホがあれば最強である。

 

オフシャルサイト↓

bellroy.com