ポンコツおっさんの手記

音楽、映画、社会、日常なんかを自分のペースで書いていけたらと思います。飽き性な性格なので継続できる様に頑張ります。

至高の都会音楽 スティーリー・ダン『彩(エイジャ)』

 

こんにちはブタバナです。

今日はスティーリー・ダンについてご紹介します。

みなさん知ってますか?

ジョジョじゃないですよ!(ジョジョ良く知らんけど)

こやつ違います。↓

f:id:BUTABANASAN:20181024040434p:plain

ジョジョの奇妙な冒険に出てくるスティーリー・ダンというキャラクターの名前は今から紹介するバンドからきています。

 

こちらが正真正銘スティーリー・ダン

f:id:BUTABANASAN:20181024003243j:plain

右:ドナルド・フェイゲン 左:ウォルター・ベッカー(故)

 

今となってはそこそこのおじいちゃんですな。

この写真のドナルド・フェイゲンウォルター・ベッカーの二人を中心としたバンド『スティーリー・ダン

 

二人は、ニューヨークのバード・カレッジ在学中に出会い共同で作曲活動を始めます。

しかし、仕事に恵まれず一時期はバックミュージシャンの副業をしながら音楽製作をしていました。

その後、プロデューサーであるゲーリー・カッツと出会い、2人は才能を見出されます、ゲーリー・カッツはその後のほとんどの作品にもプロデューサーとして関わってきます。

レコードデビューするため二人はロサンゼルスに移住し、かつてのミュージシャン仲間を集めて『スティーリー・ダン』を結成するのです。

1972年にデビューアルバムを発表し、シングルカットされた「ドゥー・イット・アゲイン」は全米6位で大ヒットします。

しかし、元々作曲家志望である二人にとって、ライブ活動は心身ともにしんどかったらしくライブを嫌いそれが他のメンバーとの軋轢を生みます。そして二人は、音楽に対して異常なまでの完璧主義であったために他のメンバーの演奏力にも不満を持ち始め

次々と外部からスタジオミュージシャンを起用するようになって行きバンドは崩壊して行きました。

そして彼らは、スタジオ録音に専念して行くようになります。

 

1977年6作目で彼らの代表作となる『彩(エイジャ)』が発表される、メンバーもそう入れ替え状態となりトニー・スコットラリー・カールトンチャック・レイニーバーナード・パーディー、スティーヴ・ガットという超一流のスタジオミュージシャンで収録されることになった。

そしてなんと、 ジャズの巨人ウェイン・ショーターも参加しているという

恐るべきアルバム作品だ。

 

アルバム:彩(エイジャ)

f:id:BUTABANASAN:20181024031833j:plain

 


Steely Dan - Aja

 

 


Steely Dan - Deacon Blues

二人の才能が完全に開花と

当時の音楽界の銀河系軍団といっても過言ではない演奏者、スティーリー・ダンを知り尽くしたゲーリー・カッツがプロデューサーとなれば傑作が生まれるのは容易に想像できる。

ソウルやジャズを基調にした、全くの無駄がない音作りは洗練の極みとも言える音楽そのものだった『彩(エイジャ)』は売れに売れ200万枚のセールスとなり、

当時の音楽批評家からも絶賛された、また1978年にグラミー賞最優秀録音賞を受賞する。

そんな中、最後の初期メンバーであったデニー・ダイアスが正式脱退隣し事実上、スティーリー・ダンはフェイゲンとベッカーのバンドとなってしまう。

 

※ちなみに余談だが本作に参加したチャック・レイニーは以前紹介したマリーナ・ショウのアルバム『Who Is This Bitch Anyway』にもベーシストとして参加している。

 

butabanasan.hatenablog.com

 

続いて1980年に制作費1億円を投入され製作された『ガウチョ』を発表する、前作に匹敵するほどのセールスをあげ作品もめちゃくちゃ好評を得るのだが

前作の完成度が凄すぎたためかその陰にに身を潜めた存在の作品になってしまった。

曲調が『彩(エイジャ)』に比べ、ミディアムからスローテンポの曲構成というのも

その要因かもしれない。

 

アルバム:ガウチ

f:id:BUTABANASAN:20181024032140j:plain

いずれにしても彼らの作品の、3大作品であるには変わりはないのだが

私も『彩(エイジャ)』は何百回も聞いたが、『ガウチョ』は数十回も聞いていない作品だ。


Steely Dan - Gaucho - HQ Audio -- LYRICS

 

 

この後、スティーリー・ダンは活動停止するのだが

その間、1982年にドナルド・フェイゲンがソロ名義で『ナイト・フライ』を発表する

 

アルバム:ナイトフライ

f:id:BUTABANASAN:20181024031735j:plain

 

アダルトコンテンポラリーという音楽、そしてフェイゲンにとっての一つの到達点であることは間違いない。

アルバムタイトル、ジェケット、内容全てがカッコ良すぎる。

アルバムを聴いた二十歳そこそこの時は、「ドナルド・フェイゲンみたいなオッサンになりたい」ただそれだけだった。

仕事終わりに『ナイトフライ』を聴きながら夜の街を車でドライブする、それだけで心が満たされること間違いなしそんな作品だ。


Donald Fagen - I.G.Y. (What a Beautiful World) (HQ)


Donald Fagen Maxine (HQ)

この作品の録音技術は当時としては初である完全デジタル録音のポピュラー音楽の作品で現代の人間が聞いてもクリアな音質で、音源から古さを全く感じない。

また、最も巧みに製作されたアルバムと認知されていて当時のエンジニアがこぞってサウンドチェックの際に『ナイトフライ』を利用していたという逸話もあるほどだ。

 

ということでスティーリー・ダンについて紹介させていただきましたが

彼らの3大作品『彩(エイジャ)』『ガウチョ』『ナイトフライ』を抑えておけば問題ないかと思います、もちろんそのほかにも名盤と呼ばれる作品はあります

「うそつきケイティ」「幻想の摩天楼」など気になる方はチェックして見てください。

 

 

 

 

Aja

Aja

 

 

 

ガウチョ

ガウチョ

 

 

 

THE NIGHT FLY

THE NIGHT FLY

 

 

 

うそつきケイティ(紙ジャケット仕様)

うそつきケイティ(紙ジャケット仕様)

 

 

 

幻想の摩天楼

幻想の摩天楼